あのね、あのね

アクセスカウンタ

zoom RSS (長い愚痴)

<<   作成日時 : 2007/06/02 04:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

毎朝お弁当を作り、遅くても8時10分には家を出て、徒歩で保育園に行き、息子を預ける。
(最近は夫も送りを協力してくれるようになった)
其処から駅までダッシュして、22分の電車に乗り、会社に着くのが45分。
9時から18時まで仕事をし、急いで帰って息子を回収する。
家に帰るのは、早くても19時で、そこから離乳食を作り、風呂に入れ、寝かしつけると一緒に寝てしまう。
夫の夕飯を作らないこともある。(鬼嫁)
自分でも余裕ないなぁ〜〜と思うけれど、まだ仕事を始めたばかりだし、そのうち慣れるだろうと、気楽に構えていた。


今日、息子が熱を出した。
本当は昨日の夕方から、微熱が続いていたから、予感はあったのだ。
もっと言えば、火曜日くらいから鼻水が異様に出ていたので、気にかけてはいた。
だけど、今日はどうしても期日のある仕事を抱えていたから、会社を休めなかった。

病時保育をやっている病院が幸いにも近場にあり、其処に預けようと夫に相談した。
病気の息子を預けることが平気なわけではないけれど、仕方が無いことでした。
問題は病時保育の受付が8時半からだということ。
最初は夫に全ての手配をしてもらおうかと思ったけれど、多分無理だと思ったし、無責任なこともしたくなかったので、(受付の段階で、定員いっぱいだったら、私は会社を休む覚悟でした)、30分きっちりに電話をした。
受付も済み、会社にも遅れる旨の連絡を入れ、あとは夫に息子を送ってもらうようにお願いした。

電車の中で、病院から携帯電話に着信があった。
本当にマナー違反だけれど、電話をとった。
用件は。。。
「今日は受付したのだけれど、先生が来ないので預かることができなくなった。」というもの。
とりあえず主人の携帯電話番号を教え、電話を切る。
夫から電話がかかる。
電車を降りて、やっと冷静になり怒りが湧く。
再び病院に電話をする。

どうして先生が来ないのか教えて欲しいと言うと、
相手の人は申し訳なさそうに
「急用が入ったから、本日は来ないとさきほど電話がありました。先生がいないと預かれないキマリになっているんです。申し訳ありません」

絶句しちゃいました。
なんじゃ、そりゃ!!!!なめとんのかっ!!
って口走りそうになりました。。。。
急用ってなんですか、と聞く気力も無く、「わかりました」と電話を切り、夫に連絡する。

午前中だけなら休めるとのことなので、とりあえず会社に行き、本日やるはずだった仕事を引継ぎ、引き継げないものは持って帰り、郵便局や労務事務所に朝一で持っていく書類を持っていき、買い物をして、子どもの病院へ行く。
あらかじめ携帯から予約できるシステムが小児科に導入されているのは本当に助かる。
先に来ていた夫と合流。
そして、診察。

ただの風邪で一安心。
私が仕事をしているから、風邪を引きやすくなっているのか聞いたら、
お母さんが仕事をしているから、風邪を引いたのではなく、保育園に通うお子さんは仕方のないことですよ、と説明されました。
六ヶ月から免疫が切れてしまうので、小学校に上がるまではこの調子かもしれません。とも。

先生に病時保育の愚痴を言って、少しスッキリ。
病時保育についての諸々の説明もしてもらいました。
・子どもを預かるのはとてもたいへんなこと。
・特に病気の子どもには注意をしなくてはならないこと(容態が急変することも多々あるのだとか)。
・入院並みの意識が必要だし、スタッフも充実しなければ無理なこと
・小児科医が少なく、専門的な知識がないと子どもは診れないこと
・日本はまだそのへんが未発達で、行政がもっと積極的に対応していかなければならないこと。

それを聞いて、病時保育をやっている病院に預けなくて良かったと思いました。
急用が出来たとかで先生が来られないようなところはプロ意識に欠けるし、スタッフもそれ程充実していない証拠ですよね?
幸い職場も理解があるので、休もうと思います。
これからどうなるかは判らないけれど、病時保育には少し懲りました。

大人の都合で振り回された息子が可哀想でした。
風邪で華も詰まっているし、熱もあるけれど、食欲は旺盛な息子はたくさん離乳食を食べ、卵ボーロを食べ、薬も飲み、だいぶ落ち着きました。
一緒に遊んで、一緒に寝ました。
ゆっくり出来たと思います。

そういえば、最近私は自分のことでいっぱいいっぱいだったような気がします。
もうちょっと周りに気を配るように心がけたいと思います。
息子もそうですが、協力してくれる夫にも、です。

ワーキングマザーはたいへんだと思います。
正直甘くない。
いくら会社に理解があるといっても、神経使います。
だけど、一度決めたことなのでやり遂げられたらいいな。

前向きにがんばるそ!!


でも、二人目は前向きに考えられません。
年子大作戦なんて思っていたけれど、仕事を続けるなら一人かなとも思います。
子どもは欲しいです。
が、今のままだと多分作らないと思います。
働く上で、子どもがいることは不利以外のなんでもないからです。

出世に響くから、子どもは産まないと思っているキャリアウーマンの気持ち。
不自然なことではありません。

妻であり、母親でもあるけれど、自分の人生を楽しみたい、挑戦してみたいと思うのは、駄目なことなのでしょうか?
女性は家に居なくてはいけないのでしょうか?

確実に時代も思考も変わっているのに、制度や法律や行政は遅れています。

まぁ、自分がその立場に置かれるまで、気づきもしませんでしたが、ね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに幼児は保育所などの不特定多数の人間と接触する場所に行くようになると、病気をもらいやすくなりますから、ひろこのせいじゃないですよ。
親の背中を見て子供は育つというではないですか。
きっと親の頑張りが伝わる日がきますよ。
こまくさかれん
2007/06/02 16:44
仕事を始めたなんて正直、凄いと思いました。
私は3児のママをしてるけどフルタイムでの仕事には経験がありません。
きっと、乳児の時は発熱が多いので(得に男児)大変ですね。旦那様も助けてくれるなんて凄い良い環境で羨ましいです。
頑張れ!!ひろこ。
のまま
2007/06/02 20:20
(最近、この言葉はプレッシャーをかけるようで好きではないんですが^^)
がんばれぇ〜
BEY
2007/06/02 20:47
子供がいながら働くのは、本当に大変だよね。
理解のない会社や人々も中にはいるなか、会社に理解があるようだから、まだ救われてると思って!
あとは、あまりキチキチやろうとしないことかね。
長続きしなくなっちゃうよ。
多少手抜きでいいんだと思います。
以上、手抜き主婦より。
need
2007/06/03 17:21
ひろこさん、本当にすごいと思います。
我が家は私の僅かな給与だけでは火の車状態。将来の展望も何もないのですが、妻に「働いて」とは頼めない・・・。甘えん坊君が離しませんからねぇ。
私ももっと向上心を持って仕事に臨まないと、と考えさせられます。
ありがとう。
しまおお
2007/06/05 07:28
>かれんさん
半分私のワガママで始ったことなので、多少の罪悪感はあったのかも?
今回あったことで、複雑に考えてしまったのかもしれません。
日記に書くと、すっきりしました(^^)

>のまママさん
私は子育てをちゃんとやっているママさんを尊敬します。
旦那さんは本当によくやってくれていると思います。
私も負けずにやれるところまでやってみようと思います。

>BEYさん
ちょっと愚痴ったら、明日の活力が出てきましたwww
今のところ大丈夫です。

>にーどさん
あ〜〜〜。家事は手抜きしてます。
今回、職場の環境があったからこそ、就職を決めたわけで、やはり理解があると休み易いです。
程々が一番ですね。うんうんw

>しまおおさん
きっと息子さんが幼稚園に行く頃には、自分からお友達と遊んでくれるようになると思います。
フルでなくても、パートでお仕事をしている先輩ママもいらっしゃいます。
たいへんだけれど、夫婦だから助け合えるのだと思います。
ひろこ
2007/06/09 21:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
(長い愚痴) あのね、あのね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる