あのね、あのね

アクセスカウンタ

zoom RSS A daughter

<<   作成日時 : 2008/12/30 09:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

もう年の瀬ですね。
年末はなんだかんだ言って、慌ただしくなってしまいました。
気が付けば30日でした。
一年がこんなに早く感じるのは、どうしてなんでしょう。
子供を育てているとあっという間に感じてしまうのでしょうか?
つい最近産んだのに、もう言葉も話すし、自由気ままに動くし、いち人間として生きています。
こんな調子で、気が付いたら40歳だった〜〜とかになっているんだろうなぁ・・・

私も母にとっては、そんなものだったんだろうなと今にして思えます。
母と私の関わり方は、歳を経るごとに変化していきました。
娘であることにかわりはないけれど、一人の女性としても見てくれるようになりました。
母だからこそ、見えてくるもの、アドバイスすることがあるように、
娘だからこそ、見えてきたもの、受け入れづらいけれど認めてきたものもありました。
常識か非常識かはさておき、娘として母を尊敬していることには変わりありません。

息子とも、生まれてくる予定の娘とも、そんな信頼関係を築くのが私の長い目標です。
良いことは良い。
悪いことは悪い。
相手を尊重しながら、自分の意見を説明するのは、冷静でないといけないのかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
『気が付いたら40歳だった〜〜とかになっているんだろうなぁ・・・』
そのとおりでした(爆)。
こまくさかれん
2008/12/30 21:40
あ〜〜、やっぱり、そうなんですね(苦笑)
私にとって、母はずっと母であるように、母にとっても私はいつまでも娘(子供)なようです。
なんか面倒くさいけれど、仕方ないですよね。
ひろこ
2009/01/15 18:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
A daughter あのね、あのね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる