あのね、あのね

アクセスカウンタ

zoom RSS 未来の私へ

<<   作成日時 : 2010/02/09 00:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

子供への最初の贈り物は「名前」ですね。
親は名前に想いや願いなんかを込めるんだと思います。

響きから決めようとか、字画が大切だわとか、私(もしくは配偶者)の名前から一字とか、色々あって良いと思うのです。
いろんな人がいるのだから、決め方もそれぞれ。
字画なんか(多少は気にするけど)気にしないというのが、私たちの決め方でした。
だって字画は流派(?)みたいなので、全然結果が違うみたいだし、面倒だったというのもあります。(苦笑)

小学校でもし名前の由来を聞かれた時に応えたい。
そういう想いもありました。

私自身の経験で、「ひろこ」の名前の響きは母が尊敬する女性からもらったんだそうです。
字画も良いものを頂きました。姓が変わって、更に字画は良くなったと思います。
でも一番嬉しかったのは、母が尊敬する女性の名前をもらえたということ。
私はその話を聞いた瞬間から、自分の名前が大好きになりました。


なので息子の時は、辞書をぱらぱらめくり、「切磋琢磨」という四文字熟語から響きを拝借し、漢字も想いを込めてつけました。響きはすぐに決まって、漢字を色々考えていたのを思い出します。
このときは字画も考えましたけど、どうやって最後まで決めたかは覚えていません。
なんか色々面倒で、産後もあって不機嫌だった気もします。

娘は産まれた日の印象に因んでつけました。もし将来、出産という経験をした時に、貴女が産まれたときはこんなに素敵な日だったのよと伝えたかったのかもしれません。
響きは夫が好きだと言った方にしました。微妙に高校の同級生を思い出しましたが、彼女も結婚するだろうと思い直し、響きは決定しました。
ここでも字画でヒトモメありました。まぁ反対してもらって、結果オーライだったのですが、、、


子供たちには不安定で、でも輝かしい未来が待っています。
のびのびと育って欲しいとは思っているのですが、ついつい叱ってしまって、好奇心の芽を摘んでいる気がしてならない今日この頃。
しかし願いは変わりません。
自分の信じる道を突き進んで欲しい。
自分に正直であってほしい。
(まぁ「欲しい」と思っている時点で親のエゴなんですが)
子供の将来なんて計り知れないし、適正なんて正直判りません。
何が得意かはわかっても、何を好きになるのかは子供たち次第。
人生の先輩として、アドバイスはできるかもしれませんが、決めるのは子供たち。
外野がどうこう言ったって、親でさえも、子供たちの人生の舵を握ることはできません。

私の考えは矛盾しているところもあるかもしれません。
でも字画が悪いから早く結婚させなさいとか言わないで欲しいです。
それは子供の人生です。
子供たちが来るべき時に決めるでしょう。
子供たちが年頃になれば、きっと私はお付き合いしている相手がいるのだろうかとか、ヤキモキしているかもしれません。
でも子供たちの人生なんです。
気になるけどね。

字画が良いと子供は順風満帆な人生を歩めるのでしょうか?
寧ろ私は子供たちが小さなうちに苦労をさせたいと思っているのですが。。。
でも幸せであってほしいとも思っています。

未来の私。今、貴女はどんな気持ちでいますか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私ねぇ、最初の結婚のときに姪っ子に当たる子が同じ名前だったの。
でも漢字は違う。
何故私の漢字を使わなかったか?
字画が最悪だったんだとさ・・・悪かったな!!
だから離婚したとは思ってないけれどw
こまくさかれん
2010/02/09 10:17
それを言うなよ!!って感じですよね。
失礼な話です。
ひろこ 
2010/02/11 22:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
未来の私へ あのね、あのね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる