あのね、あのね

アクセスカウンタ

zoom RSS あるドーナツ屋での一幕

<<   作成日時 : 2010/11/18 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨夜、咳が酷くて全く眠れなかった息子。
ヘルパンギーナの経過も見たかったので、朝イチで予約し、早速病院に。
娘は完治。息子はまだ喉が赤いそうで、登園許可証明書は貰えませんでした(泣)
しかも、気管支の弱い息子はどうやらゼロゼロ言っているらしく、喘息の薬を一週間処方される始末。
ヘルパンギーナって何種類もの型があるんですって。
一度、ある型にかかってしまえば、次にかかっても喉が赤くなるだけで済むということもあるんだとか。
今までにも何度かかかりましたが、私にまで移ったということは、私も未体験だったということ。
親子で抗体を持ててラッキーと思うしかない。
土曜日こそは証明書、ください!!

病院に行った後は、つらい診察だった時(主に注射とか)はご褒美を買ってあげることにしています。
今日は吸入くらいでたいしたことなかったのですが、昨夜の咳による彼の我慢強さにご褒美で某ドーナツ屋に行きました。

ストロベリーリングが大好きな息子は入るなり、「たっくん、コレ〜〜〜」
私「はいはい。あ、はーちゃんお盆は一つだよ」
娘はまずお盆だろ〜!って感じで、お盆をひとつ。お盆をふたつ。と持って来ようとして、二番目ならではの周到さを垣間見せます。

私「次ははーちゃん選ぼうね。」
抱っこして、歯にマシそうなドーナツを指差すように位置取りします。
息子「はーちゃん、これにすれば?」
  息子が指したのはエンゼルフレンチ
私「たっくん。はーちゃんに選ばせなさい。はーちゃんのやから」
  そんなもん食べさせられる訳ないやん!!(心の声)
多分、娘は今のところドーナツならなんでも良くて、指差したであろう国産米粉 ダブル黒糖をチョイス。

私「次は私のね〜♪」
息子「パパのは?」
私「ないよ。買わない。」
息子「なんで?」
私「だって帰ってくるの遅いじゃん。ドーナツの油がまわって美味しくなくなるし」
息子「ふ〜〜ん。ママ、チョコレートのドーナツにしたら?」
私「なんでたっくんに指示されなきゃいけないのよ!!」
チョコレートにしようかな〜〜とは思ってました。
でも、子供に言われるとなんかチョット。。。。
ふと回りを見渡すと、
明らかにお店の人、私たちのやり取りに吹いてました。
そして、傍に居たお客さんがポツリ。
 「可愛いわね。

私「そうですね。可愛いです・・・・・・ハハハ


私「たっくん、もしやドーナツわけっこしたいの?」
息子「うん。色んな味が食べられるよ」
上のセリフ、私が分けてもらうときに使っているセリフです。
私「・・・・そうだね。わけっこいいね。じゃぁ、ママはダブルチョコレートね」
息子「ママ、早く帰ろうよ」
私「まだお金払ってません」


私たち親子って。。。。。
ほのぼのしてるでしょ?!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
くくく・・・いい光景ですw
うちは2号はシェアしてくれるんですが、1号は絶対しない。
エビチリを独り占めして食べきる女です。
こまくさかれん
2010/11/19 10:22
>かれんさん
漫才やってる訳じゃないんですが、たまに周りから吹かれることが度々ある私と息子です。
私が大人気ないといったらそれまでなんですが。。。
ひろこ
2010/11/20 03:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
あるドーナツ屋での一幕 あのね、あのね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる